Division of Nephrology, Department of medicine, Showa University School of Medicine

文字の大きさを変更

ホーム
 > 診療科長の挨拶
診療科長の挨拶
昭和大学医学部内科学講座腎臓内科学部門 主任教授
昭和大学病院腎臓内科 診療科長
柴田孝則  挨拶
 当教室は1988年に昭和大学病院の診療科として設立され、2008年に医学部内科学講座の再編にともない内科学講座腎臓内科学部門となりました。腎臓病学、透析・血液浄化医学の診療、教育、研究を担当する部門です。
 当教室の診療・教育・研究について以下にご紹介します。

教室紹介

診療:血尿、蛋白尿精査から腎移植までをモットーに、日々患者さん本位の医療を実践しています。診療分野は、腎炎・ネフローゼなどの原発性腎疾患、糖尿病、高血圧、膠原病、ANCA関連血管炎などによる続発性腎疾患、尿細管間質性疾患、遺伝性腎疾患、水・電解質代謝異常、急性腎不全、慢性腎臓病(CKD)〜慢性腎不全などです。また、進行した腎不全患者に対する透析療法の導入と維持管理、長期透析療法に伴う種々合併症の治療と管理、各種アフェレシス療法(血漿交換、血液吸着、免疫吸着、LDL吸着療法など)も行います。さらに、腎移植前・後の内科的管理も行っています。
 腎炎・ネフローゼ領域では、腎生検診断による病理組織学的重症度とこれに臨床的重症度も考慮して治療方法を決定しています。当科で施行された腎生検症例の臨床・病理組織所見を検討する腎生検カンファレンスは定期的に開催され、病理医を交えた活発な討論は当教室の伝統となっています。CKD診療においては、腎臓専門医を擁する基幹病院として、末期腎不全(ESKD)への進行抑制をめざし、CKD精査・治療目的に医療連携を積極的に行っています。ESKDに至り腎代替療法を要する患者さんには、血液透析あるいは腹膜透析療法の導入、さらに腎移植療法の可能性につき病状に応じて適切な治療法の選択を提案しています。種々の原因による急性腎不全や、重症感染症、その他原因による多臓器不全などに対し持続的血液濾過透析(CHDF)をはじめとする急性血液浄化療法を施行し、また、特定の血液、神経、消化器、皮膚などの免疫疾患に対しアフェレシス療法を施行しています。

教育:腎臓内科学、すなわち腎臓病学、透析・血液浄化医学に関する医学部教育、卒前の臨床実習(ポリクリ、クリニカル・クラークシップ)、卒後臨床研修、大学院教育、腎臓専門医、透析専門医など関連領域の専門医を目指す教室員の育成・指導を担っています。

研究:研究は大きく臨床研究と基礎研究に分かれますが、毎年、活発に腎臓学および透析医学に関する国内外の学会や研究会で報告しており、また、その成果はこれまで多くの研究論文として発表されてきました。現在の主な研究分野は以下のとおりです。糸球体腎炎の臨床病理学的研究、腎炎の発症・進展機序に関する免疫・病理学的研究、実験モデルを用いた糸球体・間質障害の発症・進展機序に関する研究、実験モデルを用いた腎炎の薬物療法に関する研究、急性腎障害(AKI)の病態・治療の研究、CKDと動脈硬化・心血管病変に関する研究、CKDの栄養・代謝に関する研究、CKDに伴うミネラル・骨代謝異常症(CKD-MBD)の研究、透析患者の合併症と治療に関する基礎・臨床研究、血液透析患者の予後に関する研究。

おわりに:腎臓内科学は、腎炎・ネフローゼ、腎不全、透析・アフェレシス療法などの血液浄化療法、腎移植前・後の内科的管理、水・電解質代謝異常、腎と高血圧など分野は多岐にわたりますが、教室員一同、高度な、かつ全人的な医療の提供、医学教育や医学研究をとおした社会への貢献を目標に日々努力しています。
MENU