Division of Nephrology, Department of medicine, Showa University School of Medicine

文字の大きさを変更

ホーム
 > 血液浄化センター
血液浄化センター
診療体制
13台のベッドを保有しており、午前、午後の2交代で治療を行っています。CCUやICU、病棟などでの出張治療も行い、入院患者の治療が主です。外来診療については腹膜透析(CAPD)患者の治療やシャントの管理・修復、血液透析・腹膜透析・腎移植治療の療法選択に関する指導なども行っています。また、膠原病、神経免疫疾患、難治性皮膚疾患、炎症性腸疾患などの多くの難病に関しても、血漿交換、血漿吸着、白血球系細胞除去などの各種血液浄化療法を実施しています。
特色
昭和39年に開設され、日本透析医学会、日本アフェレシス学会の認定施設で、多くの専門医、指導医が勤務しています。また、日本腎臓財団主催の透析療法従事者研修の実習指定病院として、多数の実習生を受け入れています。昨年1年間では約110例の患者が透析に導入されており、血液透析に限ると年間約510例が治療を受けています。CAPDを施行する患者も多く通院されており(年間約25例)、重症患者に実施される持続血液濾過透析療法は年間約140例となっています。血漿交換、血漿吸着などの特殊な治療にもいつでも対応可能で、これらの特殊な血液浄化療法も年間約75例で行われています。また、定期的にセミナーを開催し、血液浄化療法の普及・啓発活動も行っています。
MENU